ランニングダイエットってどうなの?私生活に組み込むだけで痩せることってできる?

このダイエットは、時間が取りづらい社会人向けに無理なく痩せるために行います。息が上がらない程度のランニングをゆるく長く続け、痩せることができるダイエットです。最初は15分程度のランニングを週2回もやれば十分で、最終的には週3か4程度を目指すものです。
15分程度ですと、2駅分くらいなので、息が上がって辛く感じる前に走り終わることがほとんどです。
また、運動強度としては走りながらおしゃべりできる程度で十分効果があるため、最初はこんなに遅いペースで走って意味があるか疑問に思う程です。

健康的に痩せることができるダイエットです

断食や無理な節食は不必要。軽度の運動のため続けやすく、続ければ続けるほど効果を実感できモチベーションが上がるという好循環を形成できます。また、ランニングをする際の必要物が少ないため始めやすい。さらに通勤時に行うことで多少の強制力を与えることができます。
オススメは帰宅時のランニングです。ランニングしないと帰ることができない、という状況を作り出し、日々のモチベーションに繋げます。家まで遠い、という方には2駅分走る、最初は15分程度を目標にすれば良いかと思います。慣れてきたら、その距離を伸ばすことです。
また、ランニングダイエットは週2回程度でも効果がありますので、しんどい日は休んでも大丈夫なところがオススメです。

無理なく日々続けられる、理想のダイエット

続けやすいダイエットだということです。
一回15分程度、帰宅時の時間を使う、週2程度で良いなどハードルを下げまくったことが良かったのだと思います。
私自身、ダイエットを続ける上で最も嫌だったことは、仕事後のプライベートな時間を極力使いたくない、ということでした。ランニング自体は良かったのですが、帰宅して着替えてまた家を出るというのが非常に億劫で、挫折する原因となっていました。しかし、帰宅をランニング時間に充てたところ、普段の通勤時間にプラス10分くらいでランニングが終わるため時間的な余裕が生まれました。また、走らなければ帰ることができない、という程よいプレッシャーも良かったのかもしれません。週2程度でも良かったので、次の日が休みの金曜日の夜と土日のどちらかで良いというのも良かったです。

ハードルはギリギリまで低く設定することです。

徹底的にハードルを下げることだと思います。
どんなダイエットもそうだと思いますが、最も効果的な方法は続けることです。
ランニングを例にすれば、10キロ頑張って走ってもそれで辞めてしまえば意味がありません。むしろケガするだけでマイナスなくらいです。
ですが、1日2〜3キロを週2回でもそれを3ヶ月続けることができれば、絶対にそっちの方が効果はでます。
さらに、わずかでも数字として効果が出れば、モチベーションが上がり運動強度を自分で上げていったりするものです。そこまでいけば、身体に習慣づいてきますので続けないと違和感を覚える段階になっていると思います。
なので、いかにハードルを低く設定できるか、といことをポイントにして欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です