肩甲骨のストレッチで上向きバストになるって本当なの?メリットやデメリットをまとめてみた

私がしているバストケアは肩甲骨はがしです。
肩甲骨周辺の筋肉が固まると猫背になり、大胸筋が衰えてバストが下がってしまいます。
そうならないようにできる範囲で肩甲骨はがしをしています。
やり方は何通りもあるようですが、私は肩甲骨を意識して肘を後ろにぐるぐる回す方法と、猫が伸びをする時のポーズでストレッチをする方法、手を後ろに回して自分で肩甲骨を掴み揉みほぐす方法を行っています。
固まった肩甲骨周辺の筋肉をほぐすことで姿勢を良くして、背中に大胸筋が引っ張られた結果バストも上を向きます。
姿勢が良くなることでブラジャーに乗った無駄な肉もスッキリすると信じて実践してます。

参考文献:グラミープラス 口コミ

お手軽なのにバストだけでなく、姿勢も血行も良くなる

肩甲骨はがしのメリットの一つ目は、行うことで筋肉がほぐれ、良い姿勢を保てるようになり猫背が改善します。
垂れていたバストも上向きになりますが、同時に垂れていた顔の肉も引っ張られてリフトアップできます。
さらに血行が良くなることで肩こりや頭痛も解消できます。
血行が良くなることにより顔色も良くなっていいことづくめです。
二つ目のメリットは、肩甲骨はがしはお金もかからず手軽に行なえるという点です。
何か器具が必要でもなく、ものすごく長時間行わないといけないということも無いので、普段忙しくてなかなか時間が取れない方たちにも適しています。
気付いた時にちょこっとストレッチをするというスタイルでも効果はあると思います。

若い頃からのバストの形を維持している

私はまぁまぁ胸が大きい方なのですが、大きいと先々垂れてしまう心配があります。
重力がある以上しょうがないのですが、可能な限り形を保ちたいと思って肩甲骨はがしを行っています。
そのおかげなのか、中年になった今もまだバストが垂れてきたいう感じはありません。
偶然行った銭湯で全く知らないおばあさんから「お姉さんの胸はきれいだねぇ!」と褒めてもらったことがあり、ビックリしたけどすごく嬉しかったです。
あと、背中で自分の手同士で握手ができるので、背中の筋肉が柔らかくなったと思います。
肩甲骨の天使の羽根も
バストの維持のために始めた肩甲骨はがしですが、背面全体のストレッチになっていて、普段の運動不足解消に一役買ってくれています。

なりたいイメージを持って気負わず続ける

何か物事をずっと続けていくことが本当に苦手な私ですが、肩甲骨はがしは割と続いています。
その理由は「毎日絶対にストレッチしないと!」という気張った感じではなく「時間ができたからしておこうかなぁ」という楽な気持ちでいたからです。
まとまった時間を取る必要もなく、ストレッチ自体もすきま時間にパッと行える簡単なものなので、そこもポイントだと思います。
あとは鏡で自分のバストを見る回数を増やします。
ブラジャーを付ける前、付けた後、服を着た後など見る機会を増やすと「もうちょっとこういう胸なら…」と自分でなりたいバストのイメージが出てくるので、そのイメージに近づきたいという目標ができます。
具体的な目標があった方が続けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です